一昨年、担当した新郎新婦さんと再会。
結婚式したあと、お仕事の関係で新郎さんが群馬に住んでいたため、
少しの間、東京と群馬の遠距離生活をしていましたが、
新郎さんが東京に仕事で移動になったため、新居に住み、数カ月。
久々にお二人に会い、とても楽しそうな表情をしていました

 

お互いの個々を大切にしているおふたり。
おふたりともとても自立しているんでしょうね
結婚したから仕事を辞めるというのでなく、今まで行ってきた自分のステイタスとして、
大切にし、そのまま続けています。
また、共働きとなると、共同生活に【協力】や【お互いへの理解】が必要になります。
そこを、うまくお二人は自然と行っていて、とても素敵な夫婦生活のお話を聞けました。

 

例えば・・・
「朝ごはん、〇〇が食べたいな・・・」と思った場合、
そんな時、どうしますか??

 

一般的に多いのが、旦那さんが思った場合、
奥さんに、
「○○食べたいから作ってほしい!」
とお願いすると思います。

しかし、お二人の場合、旦那さんは「自分がしたいことだから」と、
奥さんの分まで朝ごはんを作っているそうです。

 

夫婦の喧嘩で多い原因は、自分の常識ややりたいことを当たり前のように相手にやってもらおうとすること。
でも、今まで生活してきた環境や歩んできた道が違うのだから、常識は違ってきます。

 

「自分がこう思うからこうでしょ?」

 

というのは、夫婦やカップルであっても通用しません。
また、現代、旦那さんに奥さんが従う・・・という世の中ではなくなってきた今、お互いを尊重し、
歩み寄ることが大切。
だからこそ、自分が思うことを相手に押し付けるのではなく、自分がまずは行動したり、共有し、

お互いが歩み寄っていくことが夫婦のうまくいく秘訣ではないのではないかと思います。

最近共働きが多いからこそ、余計にお互いへの気遣いや協力が必要な時代なんでしょうね。
旦那さんは、奥さんが「家事を全部やるのは当然」と思うのはNGかもしれません・・・
また、奥さんは、旦那さんが「家事を分担するのが当然」と思うのも、違う気がします。
「当然」と言葉ではなく、

常に「相手が喜んでくれるから、少し手伝おう」「喜ぶ顔が見たいから、ご飯を作ろう」と相手への想いを常に持って、
受けた相手は、いつも「ありがとう」という感謝があれば、

このお二人のようにとても楽しい新婚生活ができるのではないかと思いました。

 

結婚式後のお二人の楽しいお話を聞けることも私の楽しみです♪
慶太さん、奈々さん、楽しい時間をありがとうございました。
ぜひ、今後もまたお話し聞かせてくださいね。

 

image1