皆さんは、お花見されましたか?
もう、桜も葉桜になってきましたね・・・
今年は例年より温かく、お花見がとっても気持ちよかったです。
毎年行っていますが、いつもは少し雨が降ったり、まだ寒かったり・・・
今年は汗をかくほど、温かく、本当にお酒が美味しかったです♪

 

毎年、恒例のお花見を代々木公園で行いました。
年に3回、恒例でいつも現場でお世話になている会場のスタッフさん、
ヘアメイクさんやカメラマンさんなど集まり、プライベートでも仲良くさせて頂いています。

今まで固い会場や会社さんだと、

「取引先のみなさんとのプライベートの付き合い禁止!!」

という決まりなどもあり、なかなか実現できなかったですが、
今は、みんなで和気あいあい、楽しくプライベートも含め、仲良くさせて頂いています。

 

結婚式の現場は、失敗が許されないある意味、緊迫した中で仕事をします。
タイムスケジュールもしっかり管理されているので、なかなかゆっくり雑談・・・なんて、もちろんできません。
仕事ですから、仕事を全うすることが一番大切ですが、現場で顔を合わせてるだけですと、
そのスタッフの人柄は意外と見えないのですよね。

 

「結婚式や新郎新婦さんに対して、どういう想いがあるのか?」

など、想いを語る場もなく、知らないまま過ぎてしまいます。
でも、みんな仕事に対する想いを持っているではないかと思います。
結婚式って、とても素敵なイベントであり、新郎新婦さんの気持ちを伝える現場。
その現場に「無」の気持ちで仕事をし、やるべきことだけやるって、なんか残念な気がします。
同じ気持ちで結婚式をお手伝いできれば、一緒に笑って感動できるし、
新郎新婦さんにだけでなく、ゲストにもスタッフの想いが伝わると思います。

 

昔から私が現場でよく言われること。
結婚式当日、親族や友人から

 

「あの・・・新婦の友人ですか?」

 

と。

 

「プランナーですよ。」

 

と答えると、

 

「準備の時からよく名前を伺っていて、とっても仲良しって聞いていたので・・・

一緒に楽しそうに話している姿見て、もともと友人なのかな・・と。
プランナーさんも一緒に泣いたり、笑ったりしてくれるんですね。」

 

と言われます。
昨日のブログでも書かせて頂きましたが、

海外では親友が行う【ブライズメイド】みたいな存在になりたい

と思っているので、そういっていただけると本当に嬉しいです。
同じく、一緒にお手伝いするヘアメイクさんやカメラマンさん、お花屋さんだって、同じ想いでいてくれます。
だからこそ、一緒にteamでお手伝いさせて頂くと、よりゲストの方に、スタッフからの想いも伝わり、
会場の雰囲気もより一層、よくなると私は思っています。
このお花見のように、スタッフ同士、お互いその想いを理解することで、結婚式への考え方を共有でき、
信頼できたり、お互いを尊重できたりできるのではないかと私は思うので、仕事がよりやりやすくなりますし、
楽しくなるんですよね。
こんなスタッフ同士の恒例のイベントも大切にしたいと思います。

あとは、私達のイベントでとっても嬉しいのが、プロのカメラマンさんの写真。
プライベートのイベントなのに、こんなにいい写真(笑)

 

image4

 

image2

 

image3

 

image1
この仕事の特権ですね
この仕事、やっていてよかった・・・・

 

 

Photo:easter egg Kosugi