先日の続きで、パーティのこだわりをご紹介します。

 

【二人の人生をストーリーを軸にしたパーティ】

 

そのストーリーをイメージさせるアイテムとしてこだわったのが、

【メインテーブル】&【会場装花】

先日のストーリにもあった内容 ⇓

 

「ずっと歩いて疲れたら
ちょっとだけベンチで一休みするのもいいかもしれません」

(詳しいストーリーは前回のブログで・・・
http://dreamfate80.com/blog/1380
「結婚」はゴールではなく、まだまだ人生の途中。
このストーリーに出てくる一休みするベンチをイメージし、
メインテーブルを作りました。

 

meinn
ベンチの横には、旅で必要な地図やトランク、道しるべとなる標識などを置きました。
おやグリーンだけでなく、すべてイメージしたアンティークな小物を探して持ち込み、使用し、
雰囲気を作っています。

 

030

 

s-025

 

s-528
ゲストテーブルは、旅の道中をイメージし、野の花など使い、
道をイメージしています。

 

028

 

当日メインテーブルの装飾は人気があり、ゲストが常に集まってくる空間となり、
写真を皆さんたくさん撮って、いいフォトスポットとなりました。
前回紹介したペーパーアイテム(招待状やウエルカムボード・席次表)で、
披露宴前に、ゲストの皆さんには、世界観を最初に伝え、
会場に入ると、そのストーリーの中に入り込んだような雰囲気に。

コンセプトやストーリーがイメージできる会場装飾をするときに、
「好きな色」
「好きなイメージ」
だけではなく、
「ゲストにこの雰囲気をどう楽しんでいただきたいか?」
「この装飾にした意味」
をしっかり考え、お花の打ち合わせをすると、
ゲストにも伝わりやすい世界観が広がります。

 
お花の打ち合わせまでに、まずは、自分たちの表したい世界観を
私達の場合は、新郎新婦さんと何度も話し合っています。

結婚式の中では、「会場装飾って、金額高い!!」といわれることが多いようですが、
しっかり、世界観をまずは、考えてからお花の打ち合わせを望めば、
納得した内容で納得したお金のかけ方もできると思います。
また、お花屋さんによって、イメージが違ったり、イメージする小物や花器を持っていないことも多いです。
今までの結婚式は、「きれいにお花をテーブルに飾る」というイメージが多く、

まだまだそんなお花屋さんも多いのが事実。
自分たちのイメージを再現してくださるお花屋さんに頼むことが大切です。

 

私達は、「会場全体の空間デザインをする」というイメージで、お花屋さんといつも打ち合わせをし、
新郎新婦さんにイメージの絵を見て頂き、当日望みます。
また、お花屋さんのアトリエで、実際使う小物などを見たり、簡単にテーブルに並べ、

イメージできるように打ち合わせを進めていきます。

 
お花は当日しか見ることができなく、不安な新郎新婦さんがいらっしゃるようですが、
お花ではなくても、イメージの絵や小物を少し置いたものを見ると、イメージがわき、安心すると思います。

お花や装飾に何十万、何百万円かけることは、人生の中でなかなかないと思います。
だからこそ、打ち合わせ前の話し合い、

そして、しっかり納得いく装飾の打ち合わせをすることが当日の安心感、満足感につながるはずです。
私達はとことん、新郎新婦さんと何度も打ち合わせをし、時間をかけて、世界観を考え、完成させていきます。
時間をかけたからこその当日の期待と満足、達成感も新郎新婦さんと私達で一緒に味わえます。
当日、お花屋さんや私達プランナーと新郎新婦さんで思わず、固い握手や思わず抱き合って喜んでしまうほどの達成感・・・
本当にお互い嬉しいものです。

ぜひ、皆さんとも一緒にそんな達成感を味わえたら、幸せです